トイプードルのしつけ

プードルは「最もしつけやすい犬種」といわれるほど利口です。ひときわ高い学習能力を持ち、活発で活動的なため、飼い主以外の人との交流が欠かせません。豊かな感性で、飼い主を喜ばせようといつも一生懸命になるところもあります。 しつけなどのトレーニングに関しても、自らが楽しみながら教えられたことを積極的に吸収する反面、知らない人には神経質になる場合もあり、吠え癖を持っている場合もあります。

小型犬は自らの体が小さいので、大型犬に対して恐怖感や自己防衛本能の一環として吠える子が多い傾向がありますので、恐怖心が生まれる前からきちんと大型犬との交流を持ち、吠え癖がつかないようにしてあげてください。

どの犬種も最初のしつけは根気がいります。だからといって怒ってばかりいては犬もなかなか覚えてくれません。うまく出来た時はよく誉めてご褒美をあげるようにしましょう。本屋で売っている本にもたくさんのしつけ方が書かれていますが、マニュアル通りにはなかなか進まないのが当たり前。実際に実践してみて自分の子犬にあったしつけ方をみつけてあげてください。

ペット関連情報

RSS

Powered by All About

All About[ペット]
2016.05.13【犬の散歩】歩かない、吠えるなど問題行動を起こす犬のしつけ法
2016.05.12病院に連れて行くべき?愛犬が下痢したときの原因・対処法
2016.05.06俳優・佐藤健 「猫」を愛し、愛されるその素顔
2016.04.15改めて考えておきたい「愛犬の防災」
2016.04.01獣医科医療の最先端を知る、神経細胞の再生とリハビリ
トイプードルのしつけとトレーニング
トイプードルのしつけ
基本的なトレーニング
ひどく吠えて鳴きやまない時
カーミングシグナルの行動